「手足が大きいと身長が伸びる」!?身長が伸びる噂を調査! | 身長大学


「足が大きいと身長が伸びる」というフレーズ、みなさんよく耳にしたことがあると思います。この「足が大きいと身長が伸びる」というのは、実際本当なのでしょうか? このように言われる根拠や理由があるのでしょうか。

足の大きさと身長の伸びの関係は、「成長ホルモン」によるもの

「足が大きいと身長が伸びる」という説の鍵を握るのは、成長ホルモンです。

成長ホルモンは、組織の成長を促すホルモン。
体の骨や身長を伸ばしたり、筋肉の強化をはかったり、また疲労回復、脂肪の燃焼、体組織の修復、再生など代謝のコントロールを司る大切な役割を果たしています。

足の成長は、身長と同様に成長のホルモンの作用で骨が成長する事で起こります。

つまり足が大きくなっているという事は、それだけ成長ホルモンが分泌されているということなのです。つまり、身長を伸ばす骨が発育しているということ。

このことから、足が大きい人は、足だけでなく身長も大きく成長すると考えられるのです。
だから、「足が大きいと身長が伸びる」という説が流れているようです。

成長ホルモンを分泌させるためにできること

この成長ホルモンをたっぷり分泌させるためには、夜しっかりと熟睡すること、夜10時から夜中2時に寝ていることがポイント。

最近は面白いテレビ番組も多く、ゲームも沢山の種類があるので、ついつい夜更かしする子供が増えていますが、遅くとも10時に就寝しているのが好ましいと考えられます。

また、成長ホルモンの分泌を促すために食事もバランスよく摂ることが大切。

身長を伸ばすためには、カルシウムやたんぱく質、マグネシウム、ビタミンDが重要な栄養素とされていますので、普段の食事からきちんと摂取できるように心がけましょう。

小食だったり、好き嫌いが多いお子様なら子供用の栄養食品やサプリメントなども上手に活用することもおすすめ。

⇒実績、レビュー多数!成長期の子供たちに人気のサプリランキングはこちら

是非規則正しい生活を送りチャンスを逃さないようにしましょう。

ママたちが選ぶ子供の身長サプリランキング第1位!
→モンドセレクション5年連続最高金賞受賞!話題の「カルシウムグミ」

こちらの特集記事もおすすめ!

⇒成長ホルモンを分泌させる食べ物で身長を伸ばす方法!

⇒寝る子は育つ!身長を伸ばすための効果的な睡眠方法

広告 【PR】
参考になったらシェア!

FavoriteLoading記事をお気に入りに追加

この記事に付けられたタグ
広告