成長痛!?「膝が痛いと背が伸びる」身長が伸びる噂を調査! | 身長大学


「膝が痛いと背が伸びる」というフレーズ、みなさんよく耳にしたことがあると思います。この「膝が痛いと背が伸びる」というのは、実際本当なのでしょうか? このように言われる根拠や理由があるのでしょうか。

膝の痛みの原因は、「成長痛」

成長期の子供の膝が痛む原因…それは一番に「成長痛」が疑われます。

「成長痛」とは、スポーツなどをしている子供に多くみられる症状。特にサッカーやバスケットボールなど激しく膝を使う運動の場合、膝を曲げたり伸ばしたりする際にストレスが生じて発症してしまうケースが多いといわれています。

痛みの原因は、成長軟骨の急激な成長。またそれにより筋や靭帯が引っ張られて起こる炎症です。つまり骨の伸びに筋肉の発達が間に合っていないのが要因なのです。

これらの事から、膝の痛みは背が伸びているサインと考えられます。

だから、身長を伸ばしたい子供たちにとっては、喜ばしいことともいえるかもしれませんね。

ママたちが選ぶ子供の身長サプリランキング第1位!
→モンドセレクション5年連続最高金賞受賞!話題の「カルシウムグミ」

⇒実績、レビュー多数!成長期の子供たちに人気の栄養食品ランキング

成長痛の治療法は・・・

この「成長痛」の痛みは、特に特別な治療法はないので自然に治癒するのを待つしかありません。

痛みが激しい時は、大腿四頭筋、大腿直筋、足首などをストレッチするなどしてケアすると少し痛みが和らぎます。あまりに痛む場合は、運動を控えるようにして少し体を休ませてあげるのもいいでしょう。

しかし、痛みが長く続く場合などは違う病気も疑われますので、その場合は病院にちゃんとかかりましょう。

【PR】
参考になったらシェア!

FavoriteLoading記事をお気に入りに追加

この記事に付けられたタグ
広告